金利は範囲の中から最高金利になると考えておきましょう

キャッシングの金利の表示には幅があり、例えば年利3.5~18.0%のような感じで表示されていることがほとんどです。このような表示を見た時に、その間の10%くらいになるのではないかと考えてしまうかも知れませんが、それは大きな間違いです。

キャッシングでは、100万円未満の契約を行った時にはほとんどのケースで最高金利が適用されます。100万円以上での契約を行うことはそうは無い為、実質的には表示されている最高金利になると思ってください。これはどのキャッシング会社を利用しても同様です。

特に初めての利用の場合、年収などに関わらず、30万円や50万円が借りられる上限になることがほとんどです。利用を開始してからの実績によっては限度額が増額できることがありますが、無担保融資という面から、最初からそれほどの金額を借りることは難しくなっています。

限度額が100万円を超えると、最高でも年利15%になります。これは100万円以上に適用される利息制限法による上限金利で、それ未満の借り入れの場合には同じくその範囲に適用される上限金利である18%のことが多くなっているのです。

金利はこのように決められることから、キャッシングを金利で比較する際には最高金利だけで決めてしまってもいいでしょう。最低金利はまず意味を持ちません。その金利になるのはそのキャッシングで融資を受けられる最高金額まで借りた場合だけだからです。


このページの先頭へ