どのタイプのおまとめローンを選択するか

複数のカードローンを利用するようになると、毎月の返済額が増えていき生活が苦しくなります。そんな時に役に立つのがおまとめローンです。おまとめローンは多重債務者向けであるかのような広告が目立ちますが、実際には多重債務状態となっては審査に通らないことがほとんどです。金融会社は、多重債務者を救済したいのではなく、充分な返済能力を有する人に少しでも多く融資したいのです。借入先が3社を超えるようなら早めに検討すべきで、手遅れ状態になると審査が通らなくなります。

様々なおまとめローンがありますが、返済専用のタイプと銀行系のカードローンに分けることができます。返済専用とは、おまとめで借りた後はひたすら返済だけをするもので、枠が空いても新たな借り入れはできません。基本的にはこちらのタイプを選択すべきでしょう。確実に返済が進みますし、余裕が出れば繰り上げ返済も考えられます。

もう一つのタイプが、銀行系カードローンです。これは、総量規制外の商品で比較的低金利で利用限度額が大きいというのが特徴です。従って、数社の借入がある場合には一本化するのに適した商品です。基本的には、通常のカードローンですから、返済専用ではなく枠が空けば新たな借り入れも可能です。このタイプは、言わばおまとめに向いた商品となります。ボーナスなどで将来的に一括して返済できるあてがあるような場合には有効なローンです。


このページの先頭へ