銀行カードローンの金利は一般的に低い傾向あり

カードローンは誰でも気軽に使用できるローンとして最も利用者が多いローンとなっていますが、そのカードローンにも銀行カードローンと消費者金融カードローンの2通りがあることをご存知でしょうか。この2つのカードローンンは一見同じように見えますが、実は大きな違いがありその違いとして顕著なのが金利設定の違いです。

カードローンを利用する場合借り入れした金額に対し必ず設定されている金利が適用されることになり、利息の支払いが必要になります。この金利が高ければ高いほど利息の支払いが増えることになり、逆に金利が低ければ低いほど利息の支払いが少なくて済むことになります。

銀行のカードローンの場合、この金利の設定が消費者金融に比べて低い傾向にあり、同じカードローンでも銀行のカードローンのほうが利息の支払いも少なくて済むことになります。これは銀行のカードローンが消費者金融のカードローンとは貸し出し対象が違うと言うことが最も大きな理由として挙げられ、消費者金融の場合は広く浅く多くの人にカードローンを利用してもらいお金を貸し出すと言うスタンスに対し、銀行の場合は狭く深くというスタンスでカードローンサービスを展開しているため、ある限られた利用者に対してカードローンサービスを行っていると言えます。

消費者金融の場合は広く浅くサービス展開しているため、貸し出しの際のリスクも高くなりますので、必然的にリスク回避のために金利を高めに設定することになりますが、銀行の場合は貸し出す相手が銀行の顧客といった場合が多いため、貸し出しリスクも低くなり金利も低くして利用者の利便性を考慮しているといえます。
そのため銀行のカードローンは金利が全体的に低い傾向にあるわけです。



銀行カードローンには総量規制が無い?総量規制とは?

銀行カードローンと消費者金融のカードローンを比べた場合、消費者金融には総量規制という規制があるため、カードローンの利用に関して大きな制約があります。総量規制という規制は貸金業法で定められている規制のことで、利用者は年収の3分の1を超える借り入れが出来ない規制となっており、裏を返せば消費者金融側が利用者に対し無理な貸し付けを出来ないようにする規制でもあります。

その為どの利用者の場合でも年収の3分の1を超える金額は借りることが出来ませんし、総量を規制する法律ですので、貸金業法下で営業を行っている消費者金融や信販会社全てが対象となります。総量と言うのは全ての合計金額となるので、1社で年収の3分の1を超えてもダメですし、数社利用している合計が3分の1を超える場合も対象となります。

クレジットカードのキャッシング枠も総量規制の対象となるため、カードローンの利用をしていない場合でも気が付かないうちに総量規制の対象となっている場合もあります。年収の3分の1という規制のため、無職で収入が無い人や専業主婦の場合は対象となる収入が無いため総量規制がある消費者金融の利用は出来なくなります。

では銀行の場合はどうかというと、銀行のカードローンに関しては総量規制の対象外となります。これは銀行のカードローンの場合は銀行法という貸金業法と名違う法律下で営業を行っているためで、銀行のカードローンの場合は年収の3分の1という規制もありませんし、専業主婦のような収入が無い人でもカードローンの利用が理論的には可能になっています。


銀行カードローンは銀行だからこそ安心して利用できる

消費者金融のカードローンを利用する場合、やはり何かしらの不安を感じる人も多いですし、昔の消費者金融のイメージが抜けなくてどうにも利用するのに抵抗があると言う場合もあるでしょう。

その為お金を借りたくてもなかなか一歩を踏み出せないという人も少なくないといえますが、銀行のカードローンの場合は母体が銀行であるため消費者金融と比べた場合にはその安心感がまるで異なります。特に自分が利用している銀行のカードローンの場合は、銀行との取引や付き合いがありますので非常に安心感が高くなります。

さらに取引のある銀行のカードローンの場合は優遇されることもあるためさらに安心して利用することが可能になります。やはり安心感を得るのであれば、銀行のカードローンを利用する方が良いでしょう。



消費者金融の金利は一般的に高い傾向あり

消費者金融のカードローンは即日審査・即日融資が可能なため非常に利便性が高く便利なカードローンだと言えます。しかし銀行のカードローンと比べた場合どうしても金利が高い傾向にあるため同じ金額を利用した場合の支払金額に大きな差が生まれてしまうことになります。

消費者金融の場合不特定多数の顧客を相手にしており、顧客がどんな人物なのかを詳細に知ることが出来ません。そのため貸した相手が返済を行わずに借り逃げしてしまう可能性も高く、その場合のリスクを軽減するために金利をあえて高く設定していることになります。

金利面だけでいえば確実に銀行のカードローンのほうが低いため、総支払金額を考えた場合には金利の高い消費者金融のほうがデメリットが大きいといえます。



消費者金融を選ぶメリットとは? 無利息サービスがある?

消費者金融の場合どうしても金利が高いため銀行と比べた場合にはデメリットが目立つわけですが、では消費者金融を選ぶメリットとは何なのでしょうか。これに関しては銀行に比べると審査から融資までの時間が非常に短く即日お金の都合が出来るというメリットがあります。

銀行の中にも即日審査・即日融資が可能になっているネット銀行などもありますが、全ての銀行でそれが可能なわけではありませんし銀行によっては審査に数日かかる場合もあります。しかし消費者金融の場合はスピーディな対応がモットーですのでよほど問題が無ければ土日や祝日でも即日融資が可能になります。

それと消費者金融の中には無利息サービスを行っている消費者金融もあり、サービス期間中はお金を借りても1円の利息の支払いも必要ないという非常に使いやすいサービスとなっています。銀行のカードローンにはこの無利息サービスはほぼありませんから、これも消費者金融のメリットの一つと言えます。



消費者金融は借り入れや審査のスピードも早い

消費者金融の場合借り入れや審査のスピードが銀行に比べると桁違いに早いのが特徴となります。これは消費者金融の場合一定の審査基準をクリアしていれば仮審査は機械で審査するため非常に早く審査することが可能になっているためです。

貸金業法では50万円までの借り入れに関しては収入証明書の提出も不要となっているため、この点も審査を早く行う事ができる理由となっています。銀行の場合も収入証明書不要の銀行がありますが、大手銀行や地方銀行の場合は収入証明書の提出が必須となっている銀行も多く、その場合にはどうしても審査に時間がかかることになります。

その点消費者金融の場合は50万円まで(他社借り入れがある場合は合計100万円まで)であれば身分証明書だけで審査がOKとなりますので、非常に利便性が高く借り入れしやすいといえます。


銀行カードローンと消費者金融の違いについてまとめ

銀行カードローンと消費者金融のカードローンの違いをまとめてみると、銀行カードローンに関しては銀行のほうが金利が安い、安心して使用できる、専業主婦など収入が無くても利用可能な場合がある、総量規制対象外のため年収の3分の1以上の借り入れもOKといった特徴が挙げられます。

消費者金融の場合は銀行よりも金利が高く総量規制の規制がある、銀行に比べて安心感が低いというデメリットもありますが、審査が早く融資も迅速に行って貰える、全国に利用できるATMなどが豊富にある、土日祝日でも対応可能、無利息サービスなど便利なサービスが充実しているといったメリットも多々あります。

その為利用する用途に応じて銀行と消費者金融のカードローンを使い分けすると便利でしょう。




融資まで最短1時間!30日間金利ゼロ!クレジットカード一体型!
  • 最短1時間融資が可能!(※1)
  • 30日間金利ゼロ円サービスで今だけ借りたい人にも評判!
  • クレジットカード一体型はアコムだけ!ショッピングも自動リボ払い!
  • 楽天銀行口座を持っていれば、24時間振込融資が可能!(※3)
  • パート、アルバイトもOK(※2)
  • 実質年率 4.7% ~ 18.0% は比較的低金利!
  • 限度額は最高 500万円!
※1 審査完了後、運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)を平日14:00までにFAX送信(FAXでご契約の場合も必要書類を平日14:00までにFAX送信)し、アコムがそれを確認した場合。また、お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。
※2 一定の収入があれば審査のうえ融資可能。
※3 アコム又は楽天銀行のメンテナンス時間を除く。
キャッシング 08 125*125
最短1時間融資も可能!「瞬フリ」で24時間振込融資!
  • 最短1時間融資も可能!振込み融資可能(※1)
  • 「瞬フリ」なら24時間振込融資(※3)!
  • WEB申込後に自動契約機に行けば自宅に郵送物が届かない
  • カード発行無しも対応可能
  • 30日間無利息サービス(※2)
  • 3秒診断で借り入れ可能かスグに分かる
  • 女性専用窓口は プロミスレディース
  • 実質年率 4.5%~17.8%、限度額最高 500万円
※1 平日の14時までにWEB契約完了が必要。又はWEB申込後に自動契約機に行けば14時以降や土日祝日でもすぐ借りられる。
※2 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
※3 三井住友銀行かジャパンネット銀行口座をお持ちで22時までに契約完了すれば
電話連絡、郵送物なしで家族にバレません!10秒簡易審査!
  • PCからWEB完結申込なら電話連絡、郵送物、ローンカード発行なし!(※1)家族にもバレません!
  • 10秒簡易審査 ~ 簡単な入力で融資可能かすぐに分かる!
  • 消費者金融の中では金利が低い 年利 3.0~18.0%!
  • 消費者金融の中では限度額が高い 最大800万円!
  • 当日融資も可能(※2)
  • 電子領収書サービスでプライバシーも安心。領収書や利用明細書をネットでダウンロードすることもできる。
  • パート・アルバイト・主婦でも安定した収入があれば借り入れ可能
※1 WEB完結申込の利用には三井住友銀行又は三菱東京UFJ銀行に自分名義の普通預金口座を持っていて且つ社会保険証(又は組合保険証)を持っていることが条件です。また、審査で確認が必要と判断した場合は電話連絡があります。
※2 当日振込には、14:50までの振込手続完了が必要です。ただし、審査結果によっては希望に沿えないこともあります。


遂に30日間利息0円!1秒診断!30分審査!即日融資!
  • はじめての方は最大30日間利息0円!
  • 最短30分で審査結果を回答
  • 即日融資が可能(※1)
  • パート・アルバイトの方も申込可能(審査あり)。
  • 実質年率 4.5% ~ 18.0%
  • 融資限度額 最大 500万円
※1 申込の時間帯によっては翌日以降になることもあります。

専業主婦OK! 安心の銀行で低金利!
  • 専業主婦でも借りれる (50万円まで)
  • 融資限度額 最高800万円
  • 金利が低め 3.8% ~ 13.8%
  • 300万円まで収入証明書が原則不要(※1)
  • 最短即日審査が可能(※2)
  • 月々3,000円からの返済
  • 全国のイオン、提携ATMでも使える
※1 審査の結果、限度額300万円以下でも必要になる場合があります。
※2 原則14時までの申込は即日回答。

月々4,000円からの返済
  • 月々4,000円からの楽々返済(融資額10万円迄の場合)
  • 年齢、年収、他社借入状況を入力するだけで借入可能かクイック診断できます。
  • 金利 4.9%~20.0% 融資限度額 最高300万円
  • 全国のコンビニATMが使えます。

300万円まで収入証明書原則不要!
  • 大きな融資枠 500万円と低い金利 4.9%~14.5% が魅力!
  • おまとめ・借り換えとしても利用可能
  • 300万円以下なら収入証明書が原則不要(※1)
  • 申込+利用で楽天スーパーポイント31,000ポイント貰える
  • 最短即日融資も可能(※2)
  • 月々3,000円からの返済(※3)
  • 全国のコンビニATMが利用可
  • 口座開設不要
※1 300万以下でも審査によって収入証明書を求められることもあります。
※2 受付時間・審査状況により、当日の融資ができない場合もあります。
※3 借入残高 10万円以下の場合。

フリーローンからビジネスローンまで多様!
  • 最大融資額 500万円
  • 主婦の方向けの融資も柔軟に対応
  • 実質年率 15.0% ~ 20.0%
  • 借り換え・おまとめローンなら7.3%〜15.0%
  • 日本全国、振込融資が可能

きめ細かなサービスがモットー
  • 最大融資額 300万円
  • 実質年率 5.0% ~ 20.0%
  • 主婦の方向けの融資も柔軟に対応
  • 日本全国、振込融資が可能
  • 貸金業法に基づくおまとめローンにも対応


サブコンテンツ

このページの先頭へ